食品安全情報:名古屋生活クラブ

HOME > 食品安全情報

アメリカ国内の化粧品の22%は発ガンを生じさせる可能性がある

論文で紹介します

EWG research shows 22 percent pf all cosmetics may be contaminated with cancer-causing imperity
アメリカ国内のすべての化粧品の内、22%は発ガンを生じさせる不純物を含んでいる可能性がある
Environmental Working Group(アメリカのNGOグループ)

化粧品産業界内の化学物質安全調査の多くで、石油から作られている化粧品の成分が1.4-ジオキサンという不純物で汚染されている可能性を示している。

1.4-ジオキサンは、皮膚に簡単に浸透する、EPA(アメリカ環境保護庁)は、1.4-ジオキサンを、probable human carcinogen(おそらく発ガン物質)と認定している。又、NTP(アメリカ国家毒性計画)は、1.4-ジオキサンを動物に対する発ガン物質と認定しています。製造メーカーは、1.4-ジオキサンを製品から簡単に取り除くことができるのですが、製品中に残っているという事実は、メーカーが取り除いておらず、使用者を、この発ガンを起こす物質に慢性的に広範囲に放置していることになる。

15000種類の化粧品の成分をコンピューターで分類したところ、EWGの研究者は、すべての製品の内、22%が1.4-ジオキサンを不純物として混入している可能性があることを見つけた。

実際に製品で検出試験をすると、24以上の製品の内、18製品から、この発ガン性物質1.4-ジオキサンを検出した。その内、15製品は、赤ちゃんや子供用でした。

赤ちゃん用の石鹸からは57%、ボディーローションからは34%、1.4-ジオキサンが検出されました。

化粧品中の有害な不純物という問題では、1.4-ジオキサンは、氷山の一角にすぎません。私達の分析では、80%の製品は、20種類以上の不純物(発ガンもしくは有害な)を、1個以上含んでいます。

これらの、石油由来の成分中の不純物は、簡単に皮膚に浸透することが、政府と産業化の研究で明らかになっていますが、政府の安全基準では、規制されておらず、どんな量含まれていても、合法なのです。

2004年の私達の調査では、2300人の分析で、5人に1人の大人は、毎日、次にあげる7つの発ガン物質にさらされていることがわかりました。

ハイドロキノン、エチレンジオキサイド、1.4-ジオキサン、ホルムアルデヒド、ニトロサシン、芳香族炭化水素(PAH)、アクリルアシド

この中で、ハイドロキノンは、もっとも多く、女性の94%、男性の69%は、毎日、このハイドロキノンを含む製品を使用しています。

安全性テストの義務が無かったり、規制当局のガイドラインも無いので、あるメーカーは製品を食べられるくらい安全に作るが、他のメーカーは発ガン物質を入れる、といったぐあいになっている。

化粧品の安全基準が変わるまで、消費者は、注意深く製品を選ばないといけない(危険な物質を避ける目を持って)

最初に戻って、1.4-ジオキサンを避けるためには、次の成分を避けた方が無難である。

ラウレス硫酸ナトリウム、PEG、キシノール、セテアレス、オレス

(2012/07/30 掲載)