食品安全情報:名古屋生活クラブ

HOME > 食品安全情報

りんごの皮が抗ガン作用の一部を担っている可能性がある

Triterpenoids isolated from apple peels have potent antiproliferative activity and may be partially responsible for apple’s anticancer activity.
りんごの皮から分離されたトリテルペノイドは、細胞分裂を止める力を持ち、りんごの抗ガン作用の一部を担っている可能性がある
Rui Hai Liu コーネル大学 アメリカ
J Agric, Food Chem, 2007,55,4366-4370

果物と野菜を多く含む食事は、心血管病、ガン、糖尿病、アルツハイマー病、白内障、老化による機能低下などの慢性病のリスクを減らすことが、多くの疫学研究で一貫して示されてきた。

りんごは、フェノール性化合物を多く含んでいる。100gのりんご中に110mg〜357mgもフェノール性化合物を含んでいる。果物由来のフェノール性化合物の22%は、りんごからとっている。りんごは、フラボノイドも多く含んでいる。フィンランドでは、玉ねぎとりんごがフラボノイドの最高摂取源になっています。

りんごは肺ガン、心血管病、COPD(慢性気管支障害)、血栓性脳卒中を減らします。

りんごに含まれる植物性化学物質は、抗酸化能とガンに対する抗増殖活性を示し、ラットに対して、量に比例して乳ガンを防ぎます。

りんごの皮は、実よりも更に抗酸化能と、抗増殖活性を持っており、皮が多くの植物性化学物質を提供していることを示唆しています。

りんごの皮が自然な価値ある、抗酸化能や生物活性を持っている事をよく理解して、消費すれば、より健康になるだろう。