HOME食品安全情報
化粧品中のポリアクリルアミドとアクリルアミドの安全性
◆ 論文で紹介します(翻訳:伊澤) ◆
Amended final report on the safety assessment of polyacrylamide and acrylamide residue in cosmetics
化粧品中のポリアクリルアミドとアクリルアミド(未反応残留物)の安全性に関する訂正最終報告
The Cosmetic Ingredient Review Export Panel
(化粧品成分に関する専門委員会(化粧品業界が設立))
Int J Toxicol 2005 24 Suppl 2:21-50

ポリアクリルアミドはアクリルアミド(モノマー)を重合させることで作られる。

未反応のアクリルアミド(モノマー)がポリアクリルアミドの中に残っており、濃度としては、1ppm以下から、600ppmまでの範囲で残っている。

ポリアクリルアミドは、110種類の化粧品製造に、0.05%〜2.8%の範囲で使われている。アクリルアミド(モノマー)の残っているレベルは、0.1%以下から0.1%の範囲内で、実際には、0.02%から0.03%の範囲で残留している。

アクリルアミドモノマーは、皮膚を浸透する。2世代にわたる生殖毒性試験では、高用量(5mg/kg/日?)で、生まれる前の胎児の死亡があり、親に対する毒性の結果である。無作用量(毒性が観察されない量)は、0.5mg/kg/日である。アメリカ国家毒性計画(NTP)の生殖、神経毒性試験では、オスの生殖阻害と弱い神経毒性がみられた。神経毒性は、中枢及び末梢神経、両方でみられ、微小管阻害によるものらしい。

アクリルアミドは、哺乳類に遺伝毒性を持ち、発ガンイニシエーター活性を持っている。マウスの2種の系統で、総量300gの投与で肺の良性腫瘍とガンが増加した。(2週間6回分の投与で) ラットを使った2種類の慢性毒性試験の内、1つ試験では、乳房の腺ガン、クリア細胞ガン、甲状腺ろ肪ガン、口くうガン、子宮ガン、クリトリス腺ガンなどがメスにみつかった。

オスのラットでは、中枢神経のガン、甲状腺ガン、陰のうガンなどが増加した。

ヒトに対する生涯発ガンリスクの計算では、3ケタにも及ぶ範囲内で2×10-3から、1.9×10-6になった。(500人に1人から50万人に1人の発ガンリスク)

ヨーロッパ協同体(EU)では、つけたまま(leave-on?)の化粧品に対しては0.1ppm、それ以外の化粧品には0.5ppm規制がある。

当委員会は、化粧品に対して5ppmの基準が適当であるという結論に達した。

HOME食品安全情報
名古屋生活クラブ 2009 Copyright NAGOYA SEIKATSUCLUB,INC. All Rights Reserved