HOME食品安全情報

フェルリック酸:その抗酸化力による治療可能性

 

食品に由来する植物性化学物質を人間の病気の治療に使用することにかなり一般的にも科学的にも興味が持たれてきた。それらは植物の中に自然に見られる物質である。フェルリック酸は通常トマトやスイートコーン、玄米などのフルーツや野菜に見られるものである。それは、植物中のシオミ酸回路によってフェニルアラニンとチロシンの代謝によって生じる。フェノリック酸は、がんや糖尿病、神経変性病のような様々な病気に対して広い範囲の治療効果を見せる。人間の健康のための広範で有効な活動として、フェノール性化合物の内少なくとも部分的には人間の健康に幅広い効能を持っていることが提案されている。そして、それは抗酸化の強い働きによっている。フェルリック酸(フェノール化合物)は細胞膜での強い抗酸化物質であり、人間に良い影響を与えることが知られている。

フェノール化合物、少なくとも1部分がそうであるものをその強い抗酸化効果のために支持してきた。なぜならフェノール化合物であるフェルリック酸は細胞膜の抗酸化物質であり、明確に人間の健康に影響を及ぼすと知られている。フェルリック酸はフリーラジカルの除去に効果的で、ある国においては脂肪の過酸化を防ぐ食品添加物として承認されてきた。それは効果的にスーパーオキシドラジカルを除去したり、脂肪の過酸化を抑制する。それは、構造の中にフェノール性水酸基を持つことによる抗酸化力を持つ。水酸基とフェノキシ基は電子を提供してフリーラジカルを停止させることができる。そのフェノリックラジカルは次にキノンメチドという物質にかわって、それが胆汁液を通して分泌されます。過去2、30年の間、フェルリック酸の抗酸化能力の研究が進んできた。総説はフェルリック酸のメカニズムとフェルリック酸の治療可能な使用法について以下に提示する。

HOME>食品安全情報>
名古屋生活クラブ 2009 Copyright NAGOYA SEIKATSUCLUB,INC. All Rights Reserved